信級玄米珈琲のおいしい淹れ方。

ドリップの深煎り

ドリッパーで入れるコツ。

普通のコーヒーのように最初に蒸らさずに、熱湯を粉全体に満遍なく注いでください。お勧めの分量は、300ccあたりで、濃い目のコーヒーがお好きな方はスプーン2杯(20g)、ベーシックな濃さで飲みたい方はスプーン1杯(10g)です。

ベトナム式のコーヒードリッパーでも。

ベトナム式コーヒードリッパーを使って、ベトナムコーヒーと同じ要領で淹れると、濃くてより深い味わいになります。

急須の浅煎り

急須に熱湯注いで3分。

急須に玄米珈琲をセットします(100ccあたり4gが目安)。熱湯を注ぎ、フタをせずに3分おいてからお飲みください。長く時間を掛けるほどより濃くなります。少し冷めてぬるくなると、口当たりが滑らかになり、より美味しくお召し上がりいただけます。

暑い季節には水だしで、涼やかに。

煮出し用パック等に玄米珈琲(100ccあたり約4g)をいれ、2〜3時間水だししてください。
暑い季節にぴったりの、口当たりのひんやりした水出しコーヒーのできあがりです。
信級玄米珈琲のおいしい使い方。

信級玄米珈琲を使ったレシピ

トッピングとして
バナナやクリームなどのスイーツにふりかければ、甘さの中に香ばしい風味が混じり、よりおいしさを引き立てることができます。
パン生地やお菓子づくりの材料に練り込んで
急須タイプの玄米珈琲の粒で食感を出したり、ドリップタイプの粉末で生地に色付けをしたり、様々な用途にお使いいただけます。ほんのり苦味と深みのある味に変わります。